トリエント公会議を開廷する法王パウルス3世、1546年 - 歴史 | wps+(ワールド・フォト・サービス)

3万点以上の美術・歴史関連の画像をストック。wps+【ワールドフォトサービス】 トップ > 歴史 > トリエント公会議を開廷する法王パウルス3世、1546年

Image Detail

|トリエント公会議を開廷する法王パウルス3世、1546年
  • トリエント公会議を開廷する法王パウルス3世、1546年
  • 作品番号: D1807

カテゴリ: 歴史 タグ: 歴史 パウルス3世 ローマ教皇 トリエント公会議 ファルネーゼ宮殿 カプラローラ イタリア 1546年 ファルネーゼ家

油彩|カプラローラ:ファルネーゼ宮殿

備考|CONCILIUM TRIDENTINUM|トリエント公会議|1545-1563|第220代ローマ教皇パウルス3世(Paulus III, 1468-1549)により召集され、ピウス4世のもとで終了した、教会改革を目指したカトリック教会の公会議。トレント公会議ともいう。イエズス会を認可し、プロテスタント側との対話を求めたことで知られる。

※ この画像はライツマネージドです。利用料金・利用規約に関しては、こちらまでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ[受付時間; 10:00〜18:00 土日祝日を除く]

この画像のご利用・お問い合わせはこちら

Category
美術
歴史
古代美術
科学
文学
音楽
工芸
建築
風俗史
遺跡
地理
WPS+では教育分野を中心に世界の地理、建築、美術館・博物館・図書館などの作品を多種にわたるお客様のニーズにお応えできるように幅広く収録しております。
  • 捜しものがきっと見つかる、美術と歴史のプレミアム・フォトライブラリー